ファミレスで、バイトしよう!!

意外に知らないファミレスの定義

意外に知らないファミレスの定義

家族連れをメインの客層として想定

街の至る所で見かけるファミレスは、今では誰もが知っていて一度は利用したことがあると言える施設の一つです。このようにかなり一般的に知られた施設であり、毎日多くの人が訪れているファミレスですが、きちんとファミレスの定義を知っている人はあまり多くはないかもしれません。まず、多くの人が知っていると思われるファミレスの情報としては、「ファミレス」が「ファミリーレストラン」の略称であることや、安価で豊富なメニューを扱っているということだと思います。ファミリーという言葉が付いていることから分かるように、ファミレスは想定している客層が一般的な家族連れとなっています。しかし、普段ファミレスを利用していれば分かるように、ファミレスは家族連れ以外にも様々な人が利用しています。例えば、カップルや会社の同僚同士、友人同士や一人で利用する人もいます。今では家族で利用する場所というよりも、ファミリーという枠を超えて多くの人が利用する場所になっているのです。

ファミレスの細かな定義とは

ファミレスは老舗レストランとは違って、誰もが気軽に利用しやすい場所になっています。街の居心地の良い喫茶店や小さなレストランを更に大きくしたようなイメージが丁度良いと思います。ファミレスはメインの料理が洋食であり、どのメニューも比較的安くなっているという特徴があります。ファミレスと聞くとこのような店だというイメージが強いと思いますが、実は、ファミレスには細かな定義があるのです。まず、値段に関しては500円~2000円前後で設定されています。また、客席は80席以上と多めで、料理が完成してからテーブルに運ぶまでの時間が3分以上であることも含まれます。つまり、普段生活している中ではあまり気にすることはありませんが、厳密な意味でファミレスと言うためには、これらの条件を満たしている必要があるのです。

現在のファミレスの状況

日本のファミレスは、その多くがフランチャイズ方式によるチェーン展開で経営されているという特徴を持っています。つまり、食品生産工場であるセントラルキッチンで各メニューの大まかな下処理を終わらせておき、各店舗が冷凍・冷蔵状態で発送されたものを使って料理を完成させるという流れをとります。肉製品を使ったメニューがメインになっているファミレスが多くなっていますが、それはこのような経営方法を取っていることが影響していると考えられます。また、最近のファミレスには必ずドリンクバーが付いており、それを目当てに訪れる客も大勢います。ドリンクバー目当てで来る客は家族連れでないことが多く、ファミレスの客層を更に広げている要因になっています。

おすすめ記事

成功する面接必勝法成功する面接必勝法面接で成功するためには服装や態度のみならず、履歴書の書き方などをしっかりとすることが大事です。失敗しないための本を紹介します。

店長を希望なら「テンポスジョブ」店長を希望なら「テンポスジョブ」ファミレス勤務で、なるべく良い待遇を受けたいのであれば店長を目指すと良さそうです。その場合には「テンポスジョブ」を利用しましょう。

求人サイトがオススメ求人サイトがオススメファミレスのバイトを見つけたいなら求人サイトがオススメです。条件指定で検索できるので、自分に合った求人が見つかります。

ファミレスバイトに向いているタイプファミレスバイトに向いているタイプファミレスのバイトに向いている人には3つの特徴があります。ここでは、どのような人材が向いているかを紹介します。

初心者でも安心初心者でも安心学生でまだ仕事をしたことがない人のように初心者であれば、ファミレスのバイトをオススメします。仕事内容が難しくないのが特徴です。

トレンドはファミ飲みトレンドはファミ飲みファミレスの利用の仕方は様々ですが、最近では「ファミ飲み」がトレンドになっています。「ファミ飲み」という利用法について迫ります。